スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
いろいろ観る
だいぶ追いついてきた、と思って油断して近頃映画カテを書かなかったから、また溜まってきてるわ。


いろいろ観る。

『悪魔の毒々モンスター』を観る。
悪魔の毒々モンスター-1
過激なB級おバカ映画を量産し続けてきた伝説の映画会社トロマ・エンターテインメントの代表作で、1984年に公開されて以来、映画ファンからカルト的人気を誇るホラー・コメディー。

悪魔の毒々モンスター-2
いやぁホンマに、アメリカってつくづくバカだよなぁ・・・。
やっぱコイツらはスゴい、他に言うコトないわ。




『きっと、うまくいく』を観る。
きっと、うまくいく
今は「ハリウッド」よりも“ボリウッド”
いやいや、コレはよかった!
ここ数年で一気に火のついた、やたらと話題の多いインド映画だけど、そのボリウッド映画でこじこじが今まで観たヤツって、『ロボット』や『ラ・ワン』みたいな、ワケわからん、ワケわからんけどオモロイ!みたいな映画しかなかったんよ。
こんなちゃんとした(『ロボット』とかもちゃんとはしてんだけどね^^;)のは観たコトなかったからねぇ、さすがボリウッド!おそるべしやで。

もちろんご都合主義なトコはたくさんあるけど、それは映画なんだからいいじゃん。
たくさん笑って、ドキドキして、ジーンとさせてくれて・・・、なんだかホッコリできる。
ちょっと久しぶりに出会ったね、こじこじが好きな「いい映画だったな」じゃなく、「あ~、映画っていいなぁ~」と思える映画。
コレは少しでも多くの人に映画館で観てもらいたいわ。




『タイガー』を観る。
タイガー
続けて「ボリウッド」。
アクション、カーチェイスにラブロマンス、まさにインド版「007」。
ちょっと「暑苦しい」トコもあるけどオモロイ。

ビリー・ジョエル+Mr.ビーンのようなタイガーと、藤原紀香+十朱幸代のようなゾヤ。(異論は多いに認める)
あ、そうそう、『きっと、うまくいく』のカリーナー・カプールは小林幸子だよな。(異論はあまり認めん)




『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』を観る。
マリーゴールド・ホテルで会いましょう-1
人生の終盤を迎えそれぞれに事情を抱える男女7人が、、快適な老後を送るため、また人生の転機として移住した異国の地インドで繰り広げられるそれぞれの人間模様。

マリーゴールド・ホテルで会いましょう-2
人はいつでも、いつまでも、いつからでも、って思えるね。
ただ、そこに間違いなく存在するのは「行動する」ってコト。
行動しなけりゃナニも変わらない。
行動すれば、何かに出会い、何かがついてくる。
そりゃ、もちろんいいコトばかりじゃないけどね。

気の持ちよう、偏見を捨てる、見方を変える、いろいろと“許して”みる。
きっと、今までと違う、別の何かが見えてくるはず。





◆ ボリウッド4 ◆





◆ 『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』予告編 ◆









映画館で映画を観ましょう!

サロンシネマ・シネツイン・八丁座 HP ⇒ 序破急
横川シネマ HP ⇒ 横川シネマ





ブログランキングに参加しています

↑ポチっしてくれるとこじこじが元気になります

 
スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
201307112045
<<フンムフンム | こじこじのブログ ~ぐだぐだ日記~ | カバーズ>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| こじこじのブログ ~ぐだぐだ日記~ |
copyright © 2006 こじこじのブログ ~ぐだぐだ日記~ all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。