スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
いろいろ観た
映画館で観た映画は全て載せるという“自分ルール”を課しているので・・・
2013年に映画館で観たけど載せてなかった映画を一気に載せとこ。


いろいろ観た。

『マーサ、あるいはマーシー・メイ』を観た。
マーサ、あるいはマーシー・メイ-1
マーサ、あるいはマーシー・メイ?
現実、あるいは妄想?
現実の中での記憶、記憶につながっている現実。

マーサ、あるいはマーシー・メイ-2
ココはドコ?ワタシはダレ?
トラウマ、マインド・コントロール。

宗教ヤバい、宗教コワい。




『CABIN』を観た。
CABIN-1
若いヤツらが大騒ぎしようと森の中の別荘に行ったのはいいが、そこで待ち受けていたのは・・・
と、ここまではよくある話。
そこからヤバいのが出てきて襲われたり、怖いコトが起きるのもお決まりの展開。
しかし、この作品はそこら辺りが他のそれとは大きく異なるある“設定”が施されている。

CABIN-2
その“設定”や仕掛けがオモシロかったり、ちょいと残念だったり・・・。
シッチャカメッチャカ、テンヤワンヤ。
シーンの転換と音楽で引き込まれる。

クリステン・コノリー、カワユイっすなぁ~^^




『日本沈没』を観た。
日本沈没
田所博士(小林桂樹)熱いぜ!
山本総理(丹波哲郎)熱いぜ!
小野寺さん(藤岡弘)熱すぎるぜ!

映画封切りの翌年(1974年)にはTVドラマ版の『日本沈没』が放映された。
同じ年にTVでは、『猿の軍団』や『宇宙戦艦ヤマト』も放映開始。
猿の軍団は猿に支配されてるし、ヤマトは「人類滅亡の日まであと○○日」とかやってるし、日本沈没はそのまんま日本が沈没しちゃうワケで・・・
1974年ってのは、何かと不安要素の多い年だったな。

TV版の小野寺さん役は村野武範、やっぱり熱いぜ!




『アンタッチャブル』を観た。
アンタッチャブル-1
ケヴィン・コスナー、男前やのぉ~。
ショーン・コネリー、風格があるのぉ~。

アンタッチャブル-2
デ・ニーロ、いい切れっぷり。

やっぱオモロいわ。
名作ですな、確実に楽しませてくれるね。




『タイピスト』を観た。
タイピスト-1
予告編を観てこれは観に行こうと決めてた。
カワイくて、クスっと笑える、おフランスの映画。

タイピスト-2
オネエチャンと観に行くのにはちょうどいいカンジの映画だな。
おフランスの映画にしては真っ直ぐで素直に楽しめる。
ローズのキュートさにまいってしまう。




『偽りの人生』を観る。
偽りの人生-1
ヴィゴ・モーテンセン主演&初プロデュース作。
一卵性双生児の兄を殺害し、殺害した兄に成りすまして新たな人生を歩もうとするが・・・。

偽りの人生-2
キリキリくるね。
もうイヤや、こんな家族や友人知人、周りヤバすぎるヤツらばっかじゃん!





◆ 『マーサ、あるいはマーシー・メイ』予告編 ◆




◆ 『キャビン』予告編 ◆




◆ 『タイピスト!』予告編 ◆







映画館で映画を観ましょう!
サロンシネマ・シネツイン・八丁座 HP ⇒ 序破急
横川シネマ HP ⇒ 横川シネマ





ブログランキングに参加しています

↑ポチっしてくれるとこじこじが元気になります

 
スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
201312300219
<<いろいろ観た | こじこじのブログ ~ぐだぐだ日記~ | 『オペラ座の怪人』を観る ~さようならシネツイン新天地~>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| こじこじのブログ ~ぐだぐだ日記~ |
copyright © 2006 こじこじのブログ ~ぐだぐだ日記~ all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。